ホーム > アーカイブ > 2012年4月のアーカイブ

2012年4月のアーカイブ

Krakow.

  • 投稿者: admin
  • 2012年4月25日 10:00 AM
  • LaVie

ポーランド南部に位置する歴史ある都市の一つ、クラクフ。第二次世界大戦であまり被害を受けなかったこともあり、歴史的な建造物が多く残っており、特に世界遺産の旧市街は東欧らしい美しい町並み、空気も澄み切っていて、早起きし人気のない町を歩いているとなんだか心が洗練されるような感覚で非常に心地よいものでした。旧市街から一歩外に出てみるとそこにはよく管理された美しい庭園が広がっており散歩や寛ぐには最適です。人もごく自然で接しやすく大都市のような圧迫感もなく過ごしやすかったですね。物価も安いですし、ちょっと贅沢できます。

高松市 古新町 美容室 La Vie 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SCHINDLER’S LIST.

  • 投稿者: admin
  • 2012年4月20日 10:00 AM
  • LaVie

シンドラーズリスト。スティーブン・スピルバーグ監督による、ドイツ人実業家、オスカー・シンドラーを描いた作品。戦時中、ユダヤ人の強制収容所送りから守るため立ち上がった英雄の話。臆測にすぎませんが、強固な信念、正義感を保った方だったのでしょう。内容も素晴らしく、リアリティーあるカメラワークも見どころ、アメリカ映画、またスティーブンの作品にも有りがちな戦争、戦闘を美徳にするような作品とは違い、プロパガンダではありますが、現実的であり心に響く奥深さを感じます。良い映画ですが、惨忍なシーンも含まれているので、センチメンタルな方には刺激が強いかも…

高松市 古新町 美容室 La Vie 代表 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Auschwitz Birkenau.

  • 投稿者: admin
  • 2012年4月15日 10:00 AM
  • LaVie

アウシュビッツ、ビルケナウ強制収容所。私にとってこの地ほど感慨し、心に激震を抱いた場所は少なく、少しでも多くの方々にこの地で実在した出来事、並びに人類が行った絶大な誤ちについて理解、考慮していだだきたく掲載を決めました。ポーランド南部の都市、クラクフから列車で約1時間半のオシフィエンチムに存在する負の世界遺産。第二次世界大戦中、ヨーロッパ各地よりユダヤ人、反ナチス活動家、ジプシー、障害者や同性愛者などが集められ、まともな食事も与えられず、強制労働を強いられました、女性、子供、老人といった労働に適さない人々は即刻ガス室に送り込まれ、罪も無い数多くの尊い命が犠牲となりました。差別や偏見、思想の違いによってこのような惨忍極まり無い悲惨な歴史が生まれ,人間が持つ底知れぬ惨忍性を実感させられた出来事でもありました。分けも分からず連れて来られ虐殺された人々の恐怖、そして無念を講思することなど私にはできませんが、私たちの今の生活からは想像を絶するこの事実を深思に受け入れ、個々に平和で自由な今の現状を認識し、至福である事を共感し合い、環境を愛し、悲惨な歴史を繰り返さない為にも、互いを思いやり、生きていかなければならないと痛感しました。またこの地を訪れたこの日、自身の置かれている恵まれた現状を改めて理解し、私は私なりに前を向いて精一杯生きていこうと、そう心に決めた一日でもありました。

高松市 古新町 美容室 La Vie 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

MILES DAVIS.

  • 投稿者: admin
  • 2012年4月10日 10:00 AM
  • LaVie

マイルスのアルバムよりBITCHES BREW. ロックやエレクトリックを取り入れたその後のフュージョンジャズの先駆けとなったアルバムではないでしょうか。形に捕われない幻想的で革新的とでも言っておきましょうか…1969年に制作されたもので、私が初めて聞いたのは、その後随分経ってのことですが、ユーモアに溢れ、多彩で新鮮なサウンドに心打たれました。またライヴ映像もイカしてます!マイルスらしい情熱的で迫力あるトランペット演奏、見応え十分です!! 60年、70年代の黒人音楽、ブルースにしろヒップホップにしてもパワフルで箇々の強烈なアイデア、個性が全面に主張された、思わず聞き入ってしまう名盤が数多く残ってます。

高松市 古新町 美容室 La Vie 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Park Guell.

  • 投稿者: admin
  • 2012年4月5日 10:00 AM
  • LaVie

こちらもガウディの作品、グエル公園です。入り口で撮った写真。とにかく人、人、人でした。グエイ伯爵とガウディが人々が、自然と芸術に囲まれて暮らせる住宅地として作られた建造物。買い手はグエイとガウディだけだったそうですが….建造は20世紀初期、その当時は二人の発想が先行しすぎていたのでしょう、芸術も今よりも遠いものだったと思いますし、況してこの時代に自然と環境を愛し暮らす、そんなロハス的価値観はあまりなかったでしょうしね。ガウディの作品を観る為に世界各国から訪れる人々、絶大な人気でした。バルセロナの表徴と言っても過言ではないガウディの作品群やピカソミュージアムで芸術に触れ、町をのんびり観光したり、海沿いを散歩するのも良いでしょう。ちなみにだらし無い私は、昼間からビールとパエリヤで沈没して居りました:-))

高松市 古新町 美容室 La Vie 代表 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2012年4月のアーカイブ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る