ホーム > アーカイブ > 2014年5月のアーカイブ

2014年5月のアーカイブ

海の幸、食べ尽しツアー 2014!

  • 投稿者: admin
  • 2014年5月28日 10:00 AM
  • LaVie

皆様!お騒がせしております、LaVie一同です^^ 一週間前になりますが、愛媛県愛南町へ研修旅行に行って参りました。美容師として必要不可欠な心と身体を鍛え抜いてまいりました^^!!約4時間の長旅の末、まず初めにたどり着いたのはこちら、四国最南端、高茂岬!すでに二人の息もピッタリです^^

早速、自分に酔いしれる最年少翔太!(笑)

空を見渡すと渡り鳥が気持ち良さそうに旋回してます!羽を休める程、心地よい風です。

ヨガのポーズを決め込む自称、最軟体ノリコ(笑)

いまいち乗切れてない、ポーズがいつも同じな高所恐怖症ショウタ^^

いつもは撮られてばかりなので、激写!!

そして石垣の里へ…

一つずつ丁寧に積み上げられた石垣が見事でした。 「石垣は 人のまことの つみかさね」

瀬戸内海と同じように穏やかな海。

更に、そして更に酔いしれるショウタ!!

中に入ると素敵な土産物屋さんがありました♫

そして、浜辺へ…

波の音を聞きつけ走り出すラビ & ノリコ!

一番ノリ〜

自然の産物

石投げをはじめた弱肩ショウタ。傍らでサンゴ拾い。

石投げに加わるアンダースロー  角 ノリコ(笑)

盛り上がる二人♡

夕焼けにゃんにゃん

プリっプリの舟盛り

朝食は豪快!伊勢エビのお味噌汁

そして滑床渓谷へ… 盛り上がる二人♡(笑)

生憎の雨… でしたがとても綺麗な場所でした。こだわりのホテルもあります。

 

(ショウタ)

美味しい海の幸をたくさん食べることができて幸せです。道の駅の売店の方々、民宿のスタッフの方々の暖かさも感じることができ思い出深い旅になりました。伊勢エビまたたべたいな〜。

〈ノリコ〉

海と山、自然の中でリフレッシュ!!四国もまだまだ行きたいところがたくさんあります。

多いに食べて笑って胃と腹筋を鍛えられた一泊二日の楽しい研修でした。 

 

高松市 古新町 美容室 La Vie

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

アナと雪の女王

  • 投稿者: admin
  • 2014年5月8日 10:00 AM
  • LaVie

 

 

話題のディズニー映画『アナと雪の女王』を観てきました。

観た人がとてもよかった!と好評だったのと吹き替えの松たか子さんと神田さやかさんの歌声が

素晴らしいと聞いていたので日本語版にしました。

たしかにお二人とも歌が上手☆☆☆ さやかさんはお母さんの聖子さんにすごく声や歌い方?!が似ていてビックリ!!

松さんは台詞もいつもの感じと違ってて声だけ聞いてるとだれだかわからないくらいでした。

雪だるまのオラフがかなり名脇役 ;-D

今までのプリンス&プリンセスのハッピーエンド♡なお話ではなく、意外な??!結末でしょうか・・・・

 

あと、個人的に映画の前のイオンシネマ ”みんなのぶた” の歌が面白すぎて笑っちゃいました。

 

高松市 古新町 美容室 La Vie  西岡 ノリコ

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

猪熊弦一郎現代美術館.

  • 投稿者: admin
  • 2014年5月1日 10:00 AM
  • LaVie

皆様こんにちは、左利き美容師 二宮です^^

今年も早いもので、5月に突入しましたね。五月はイベントが盛りだくさん!はりきっていきましょう^^

連休中は LaVieも休まず営業しております。

さてさてさて、今回は、丸亀の猪熊弦一郎美術館に行ってまいりました。

 

会期:2014年3月1日(土)−6月1日(日) *会期中無休

開館時間:10:00−18:00(入館は17:30まで)

◎観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

*( )内は前売り及び20名以上の団体料金。

*常設展「猪熊弦一郎展」の観覧料を含みます。

あそぶ、とはどんなことでしょうか。現代の行き届いたサービスによって、人は日常に起こるかもしれないちょっとした困難を、比較的簡単に回避できるようになりました。楽しいことでさえ、自分で探す間もなく、あらかじめ用意されて身の周りにあふれています。市場化されたあそびに取り囲まれるなかで、私たちは与えられ続けることの閉塞感から抜け出し、さまよいながらも困難を解決したり、楽しさを発見する方法を見つけていかなければならないのかもしれません。あそびが「精神の技術」と称されることがあるように、人の心が崩れそうになっても立ち直り、いきいきと生きる感覚を取り戻す技術がそこに備わっているように思えます。退屈にみえた物事や困難までもが、私たちの行為や工夫によって豊かなあそびへと姿を変えていくとしたら。それは思考のレッスンであり、精神の技術であるのでしょう。現代美術で心も身体もときほぐし、ワクワクすること。そこには精神の技術につながるヒントがたくさん詰まっています。

 

無性にふとん山を駆上がりたくなりました!もちろん断念しましたが (笑)

「あそびのつくりかた」このコンセプト、私の心に響きました。

私が子供の頃と今では遊びも大きく変わり、少年時代を振り返ると私も何か面白い遊びを見つけようと知らず知らずのうちにイマジネーションを膨らませていたように思います。

遊び場は基本外で、子供も多かってし、自分達で新しい遊びやルールを作ったりと毎日が新しい発見の連続で今振り返っても本当に楽しい毎日でした^^

その頃の経験が、大人になった今でも活かされ、新たな活力の基盤になっているようにも感じます。

根本的に私は少年時代から変わっていないようです(笑)

美術館自体が素晴らしく、洗練されたこの空間にいるだけで心地よく、新鮮な空気に包まれているようでした。

高松市 美容室 La Vie Hair A N.

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2014年5月のアーカイブ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る