ホーム > アーカイブ > 2012年3月のアーカイブ

2012年3月のアーカイブ

Sagrada Familia.

  • 投稿者: admin
  • 2012年3月30日 10:00 AM
  • LaVie

皆様も良くご存知のバルセロナのシンボル、アントニ・ガウディ設計の未完成作品、サグラダファミリア。Sagrada Familia 駅を降りるとすぐに尋常ではない巨大な建造物が聳え立ってます。大きさのみならず、厳密で歪なデザイン、素材へのこだわり、その存在感には想像を絶するものがあり、私などには到底理解できない、まさに世界文化遺産に相応しい名建築!中に入ってみると、そこはまた別世界、口答では表せないなんとも神秘的で気品さ漂う空気が流れています。ここに訪れるだけでもバルセロナに来た意味を見出せるのでは…

高松市 古新町 美容室 La Vie 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

IN BARCELONA.

  • 投稿者: admin
  • 2012年3月25日 10:00 AM
  • LaVie

バルセロナの街中を歩いていると、目の前に柄の悪そうな人が….引返そうと思いましたが、よく視ると人形でした(笑)バルセロナらしいとでも言いますか….人形なので怖がる必要ナシ!堂々と正面から一枚;-)

高松市 古新町 美容室 La Vie 代表 二宮

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

忌野清志郎。

  • 投稿者: admin
  • 2012年3月21日 10:00 AM
  • LaVie

清志郎さん。パンチ効いてます!ロックはこうでなくては。

高松市 古新町 美容室 La Vie Atsushi Ninomiya

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Lisbon.

  • 投稿者: admin
  • 2012年3月16日 10:00 AM
  • LaVie

前回に引続きリスボンのご紹介です。古びた歴史あるこの町を歩いていると、ここは大都市としては珍しくゆとりに満ちた雰囲気に驚かされます。其処ら中で昼寝を満喫したり、楽器を演奏したり、街角で世間話に花を咲かせたりと。町の人々も穏やかで、子供たちも人懐こくて、我々観光客にもとても優しい笑顔を振り撒いてくれます。温暖な気候がそうさせるのでしょうか… 道に迷った時、大丈夫?と声をかけてくれたり、ベンチに座りぼーっとしていると、近づいて来て世間話を始めたり、オープンな人々が大勢いました。リスボンではないですが、ポルトに訪れた時、予約したホテルの場所が分からず、警察官に道を訪ねたところ、わざわざパトカーでホテルまで連れて行ってくれたりとポルトガルでは良い思いでばかりです。それと食事もGoodです。日本人の味覚に遭うテイストだと感じました。旧き時代から日本とポルトガルは友好、貿易関係にありましたし、ポルトガル料理も多く入ってきてますから、そういったことも関係しているのでしょうか。ちなみにパンもポルトガル語なんですよ;-)

高松市 古新町 La Vie 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Lisbon.

  • 投稿者: admin
  • 2012年3月13日 10:00 AM
  • LaVie

ポルトガルの首都リスボンです。白黒写真なので分かりませんが、ここの屋根は基本、オレンジ色で統一され、南ヨーロッパの温暖な気候にうまくマッチされ、また遠方には海が一望でき眺めているだけで穏やかな気持ちにしてくれます。ポルトガル独特の建物が所狭しと立ち並び、慣れるまで何処を歩いているのか分からなくなるほど。とにかく坂、坂、坂道です、下り坂の私の身体も悲鳴をあげてました:-(良い運動になりましたが(笑)

高松市 古新町 美容室 La Vie 二宮 厚

The picture for shooting at Lisbon in Portugal which is the black & white picture so no possible to see the roof 's color but actually those are all orange basically.South Europe's warm climate with lovely landscape sea & houses make us feel really comfortable:-)) particular portugal's houses build complexity in here so until to get used to know the ways losing direction easily. anyway slope up down almost here, rusty my body was nearly broken:-(…but it was good exercise for me:-)

Furujin-machi Takamatsu-city Hair salon La Vie Atsu Ninomiya   

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ダージリン・ヒマラヤ鉄道

  • 投稿者: admin
  • 2012年3月3日 10:00 AM
  • LaVie

インド東北部に位置するダージリン地方、ヒマラヤ山脈を走る蒸気機関車です。大英帝国の植民地時代、紅茶の輸送と避暑客の便宜として建設され、最古のものは100年以上も使用されているようです。また世界遺産にも登録された貴重な文化遺産。私も乗りましたが、非常に遅い、まあそれがよいのですが。壮大なヒマラヤの景色を眺め、自然とふれあい、山に住む人々の暮らしを見ながらのゆったりとした旅、なんとも穏やかな気分になります。ここの人々はインドではありますが、平地部の厚かましさがなく、親切。ストレスなく過ごせました。私が訪れた時は生憎の曇り空で、世界第三の高峰カンチェンジュンガは遠望できませんでしたが、ヒマラヤ山脈の絶景を一望できましたし、満足のいく旅でした、が…最後の最後でお腹を遣られ、その後1ヶ月間ほど不調でした:-(…旅にはトラブルは付き物、これしきで音を上げる私ではございませんが;-))

高松市 古新町 La Vie 二宮 厚

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > アーカイブ > 2012年3月のアーカイブ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る